BCP対策は企業にとって必須といえる対策です


BCP対策はどういう意味?

今、世界中の企業がBCP対策を行うことを求められています。BCPというと普通の人はピンとこないと思いますが、「大災害が発生した後、企業の事業をいかに早く通常に戻すのかをあらかじめ計画を立てて準備をしておく」ということです。

事前に計画を立案する。

BCP対策の基本は、災害が来た時に自分の企業の被害を想定して、事業の復旧までの手順をあらかじめ立案しておくことです。たとえば、大災害の時の復旧までのプロジェクトの立ち上げ手順とか、社員への連絡網を整備しておくなどの計画です。

事前に準備しておくこと

大災害からの事業復興までの期間を短縮させるには、事前の準備が重要です。必ず行う必要があるのが建物の耐震診断です。ここで問題なければいいのですが、規格を満たしていなければ耐震補強も必要です。次に設備や棚などの固定を行い被害を最小限にくい止めることです。お客様に迷惑を掛けないように、商品の在庫ストックや材料のストック、代替工程の確保なども必要ですね。電気やガスなどの供給が停止したときのことを考えて、発電機と燃料の準備も必要だと思います。
忘れてはならないのが、従業員と家族の安全を確保するための準備です。従業員が無事でいてこそ企業の復旧が可能なのですから。事前の食料準備と水の確保、災害連絡網の準備と怪我などの時の救助手順の立案、事前訓練などです。最近は災害準備用に賞味期限の長い食料や水も販売されています。災害の時に慌てないように事前の避難訓練は欠かせないでしょう。

BCP対策とは、自然災害等の予測不可能な緊急事態が発生しても、基幹業務への被害を最小限にとどめ、企業運営を停止させないための行動プランです。