サイトM&Aにおけるメリットとデメリット


サイトM&Aって何?

サイトM&Aとは、既存の既に実績のあるサイトを売買することです。

売る側はサイトを資産として現金化することが出来ますし、買う側は既に出来上がっている実績のあるサイトを購入することが出来るので効率よく新規参入が可能です。

サイトM&Aのメリット

サイトM&Aのメリットですが、ウェブサイトというのは基本的に育てるのにある程度の時間が必要です。これを一からやるとなると、手間や時間、労力が必要となるわけですが、サイトM&Aによってそれらを一気に圧縮することが出来ます。

既に実績のある事業を購入するという形なので、初月から売り上げが立つため、初期投資の回収もしやすい傾向にあります。また、新規参入が難しい分野に関しても、サイトM&Aを活用することによって参入のハードルが一気に下がるのも大きなメリットです。運営ノウハウも手に入れることができるので、軌道に乗りやすいとも言えるでしょう。

サイトM&Aのデメリット

サイトM&Aにもデメリットは存在します。サイトM&Aの最大のデメリットとも言えるのが初期費用の高さです。実績の高いサイトであればあるほど費用は高くなるので、ある程度まとまったお金がないとサイトM&Aすることが出来ません。ただし、イチから作る場合はサイトが軌道に乗るかどうかも分からない状態でコストが嵩んでいきます。それと比べると、既に実績があるというのは初期費用が高くても安心できる材料ということも言えるでしょう。

メリットとデメリットのバランスをよく見極めることが大切です。

所有しているサイトを売りたいと考えている人と、サイトを新しく作るのではなく既存のサイトを買いたいと思う人がマッチングしたときにサイト売買が行われます